未経験でゲームプログラマーになるには?

未経験でゲームプログラマー
ゲームが好きで、ゲームプログラマーを目指す方も多いのではないでしょうか。
一方で「ゲームプログラマーの仕事は?」「未経験でもなれる?」など、不安も多いですよね。

今回は未経験の方向けに、ゲームプログラマーの仕事内容やなり方をご紹介します。

ゲームプログラマーの仕事とは

ゲームプログラマーはプログラムを組み、ゲーム上の動きをコンピュータに指示することが仕事です。

ただし、プログラムを組むことだけが仕事ではありません。

ゲームのプログラミング

ゲームプログラマーは、ゲームの仕様書やゲームグラフィックデザイナーが作ったキャラクターなどの素材を元に、プログラミングを行います。

家庭用ゲーム・スマートフォン向けゲームなどによって、使うプログラミング言語が違うので、つくりたいゲームに応じて言語を習得する必要があります。
未経験の方は、まず自分が習得すべき言語を確認してみましょう。

プログラミングを行う前に、まずは仕様書を解読する作業があります。
また実際にプログラムを組みながら、実現が難しいものはゲームプランナーやゲームグラフィックデザイナーに相談します。

実はパソコンに向かってプログラムを組む以外にも、別の職種のスタッフとコミュニケーションを取る機会も多いのが特徴です。

ゲームのデバック

プログラムを組んだゲームをテストプレイして、バグ(不具合)があればそれを改善します。これをデバックと呼びます。

「デバックをスムーズにできるのが良いゲームプログラマー」と言われるほど、ゲームプログラマーにとってデバックは重要な作業です。

ちなみに、デバックだけを専門に行う「デバッガー」という職種もあります。デバッガーにプログラミングの知識は必要ないので、未経験でもなりやすいです。

ただ「自分でプログラムを組みたい」という方には、やはりゲームプログラマーがおすすめです。

未経験からゲームプログラマーになる方法

仕様書を読み解いてプログラムを組んだり、デバックしたりといった業務に魅力を感じていただけたでしょうか?

未経験でもゲームプログラマーに挑戦してみたいと思った方は、次の3つの方法を検討してみてください。

専門学校に通う

未経験の場合、まずはどのプログラミング言語の習得が必要か知ることから始まります。
そのため、知識がまったく無い方でも安心して授業が受けられる、専門学校がおすすめです。

またプログラミングにおける難関のデバックでつまずいた時、相談できる講師がすぐ近くにいるというのは強みになります。

通信教材で学ぶ

専門学校に通うのが難しいという方には、通信教材がおすすめです。時間や場所を問わず、自分のペースで学習を進めることができます。

ただ専門学校と違い、対面で質問できないため、未経験者は困りごとを上手く伝えられない可能性もあります。

独学で学ぶ

今は書籍やインターネットで、簡単にプログラミングの情報を手に入れることができます。
そのため、情報を自分で集め独学するという手もあります。費用が安く抑えられるのが魅力ですね。

ただし、まったくの未経験者にはハードルが高いです。
なぜなら自力で勉強を続けるための努力が必要だからです。バグでつまずいた時、身近に相談できる人がいないとなかなか学習が進まないため、モチベーションが下がる恐れがあります。

ゲームプログラマーになるなら専門学校がおすすめ

ここまで、未経験からゲームプログラマーになる方法をご紹介していきました。

繰り返しになりますが、プログラマーの仕事はプログラムを組むだけではありません。
他の業種のスタッフと協力してゲームをつくるため、CGなどの知識も必要です。

専門学校デジタルアーツ東京では、授業で実際にゲームをつくるため、ゲームプログラマーに必要な技術や知識を実践的に学ぶことができます。

まずは専門学校デジタルアーツ東京の体験入学で、プログラミングを体験するところから始めてはいかがでしょうか。プロの講師が基礎から授業を行うので、未経験の方でも安心して学習できますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする