ゲームのシナリオライターになるには?方法解説

紙とペン
登場するキャラクターのセリフやストーリー全体の構成を考えるゲームシナリオライター。多くの人から愛されるようなストーリー展開を作り出せるシナリオライターになるには一体どのような方法があるのでしょうか。また、ゲームシナリオライターには何が求められるのか詳しく見てみましょう。

ゲームのシナリオライターとは

ゲームシナリオライターとは名前の通りゲームのシナリオを考える役職です。実はゲームシナリオライターは比較的最近生まれた職業で、シナリオライティングは元々ゲームプランナーの仕事でした。つまり、ゲームシナリオライターはゲーム制作が分業化されてきたからこそ生まれた職業なのです。

ゲームの企画から関わる

シナリオライティングはゲーム全体の構成を決定する作業なので、企画をする段階から既に仕事は始まっています。シナリオライターはまず、考えたストーリーをプロットというあらすじのようなものに落とし込んで提出をするのですが、この際に構成がうまく練られていないと却下されてしまうこともあります。

フリーランスとして活動する場合もある

ゲームの制作会社が外部のゲームシナリオライターに依頼を出している場合も多く存在するため、自分で仕事を受注して活動している方もいます。ゲームシナリオライターの働き方としてフリーランスという選択肢があることも視野に入れておきましょう。

ゲームのシナリオライターになるには

ゲームシナリオライターになるのに特別な資格は必要ありませんが、会社側に実力を見てもらう必要があります。そのため採用の際は、実績や経験があった方が有利になると言えます。

コンテスト等での受賞で実力を認めてもらい入社する

シナリオ関係のコンテスト等での受賞は会社側への良いアピールポイントになります。普段からシナリオを書くのが好きな方で、既に出来上がった、もしくは大まかな構成が決まっている作品がある場合は応募して会社へのアピールを考えてみてはいかがでしょう。
また賞金もあるのでモチベーションを保ちやすいというメリットもあります。

SNSなどで知名度を上げて入社する

現在のトレンドといえばSNSですが、ここで知名度を上げることで会社側からスカウトされることもしばしばあるようです。この場合、現在自分で執筆しているストーリがそのまま作品になることも多いので、趣味が仕事になる素晴らしい機会となるでしょう。

ゲームプランナーとして入社してシナリオを担当する

先述した通り、ゲームのシナリオライターは元々ゲームプランナーの一部だったこともあり、ゲームのシナリオライティングはゲームプランナーとゲームシナリオライターが共同で行う場合が多いです。ゲーム制作にシナリオ以外の面でも関わりたい場合はゲームプランナーとしての入社も視野に入れておきましょう。

ゲームのシナリオライターに求められること

ゲームのシナリオライターにはストーリーを膨らませていく想像力と制作サイドの希望に沿ったシナリオを作る能力が求められます。

想像力

ゲームのシナリオライターはストーリー展開はもちろん、キャラクターのセリフやキャラクター同士の関係性、フラグの作成とその回収方法に至るまで様々なことを考えなくてはいけません。その際にゲームシナリオライターに豊かな想像力がなければ、単調で面白みに欠けたストーリーができてしまいます。

希望に合わせたシナリオを作成できるだけのスキル

ゲームのシナリオライターはゼロからストーリーを構成することもありますが、既存の設定からストーリーを構成しなくてはいけないことも多く、その設定にいかに忠実に面白いストーリーを書けるかはゲームシナリオライターの腕の見せ所です。
(ここで文章が終わってしまうと、少し不自然なので

まとめ

ゲームシナリオライターについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
ゲームの面白さを大きく左右する重要な役職ですが、自分の作ったストーリーでたくさんの人の心を動かすことができる職業でもあるので、シナリオを書くのが好きな人はぜひ目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする