ゲームプログラマーになるにはどうするべきか

ゲームプログラマー
ゲームが好きで、自分もゲーム制作に関わりたいと思っている方もいるのではないでしょうか。今回はその中でもゲームプログラマーになろうと考えている人向けにゲームプログラマーになるにはどうすればいいのか説明していこうと思います。

ゲームプログラマーの仕事

そもそもゲームプログラマーの仕事は名前の通り、C言語などのプログラミング言語を用いて、ゲームのプログラムを組む仕事です。他のゲームクリエイターたちが作った企画書などをもとにゲームが動くようにプログラミングをします。

ゲームのクオリティに直接関わる

プログラミングはゲームが企画されたシステム通りに動くようにゲームプログラマーが行うので、ここでミスをしてしまったりするとバグやその他の不具合が起きてしまうのです。
また、ゲームの企画を考えるゲームプランナーが、システムの作りを詳しく知らない状態で企画を作ることもあるので、そのプログラムが組めるかどうかをゲームプログラマー自身が判断をすることもあります。
そのため、ゲームプログラマーのスキルや目利きがそのままゲームのクオリティに直接関わるといっても過言ではありません。

ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーになるには当然プログラミング言語の理解が必要不可欠になります。では、一体どのようにプログラミングを学べば良いのか、ご紹介していきます。

独学

最も学ぶコストが低いのが独学です。ゲームプログラマーになるのに必要な資格というのはないので、学びたい言語の参考書を購入して一人で黙々と勉強できる方は独学も視野に入れておきましょう。

専門学校やスクールに行く

ゲームプログラマーになる上で最もおすすめなのが専門学校に行くことです。ゲーム業界で活躍するためのスキルや知識を身につけるのに最適な環境を提供してくれるので、金銭面に余裕がある人や、独学が不安な人は専門学校に通うことを考えておきましょう。

大学に行く

大学の情報系の学科にいくことでプログラミングを学ぶことは可能です。しかし、専門学校ほど専門的なこと学べる訳ではなく、費用もかかるためゲームプログラマーだけを、目指している人にはあまりおすすめできません。ただ、他の職業にも興味がある場合は大卒の資格が得られる分、選択肢が広がるという意味では大学に行くことも視野に入れておくと良いでしょう。

ゲームプログラマーに必要なもの

では、具体的にゲームプログラマーには何が必要なのか見ていきましょう。

プログラミング言語のスキル

当然、プログラミング言語の知識とスキルは必要になります。このスキルがゲームプログラマーにとっての基本であり、最も専門性が高く、重要視されるものになります。

何度もチャレンジする精神

一度でゲームを正常かつ想像通りに動かすのは至難の技で、基本的にはゲームを動かし、不具合にぶつかる度に修正しを繰り返すことになります。時には何度修正しても正常に動いてくれないなどの事態もあるため、諦めずに何度もチャレンジする精神が必要となります。

論理的に考えられる思考

プログラミングにはそもそも論理的な思考が不可欠で、これがないと思い通りにゲームを動かすのが難しくなってしまいます。そのため、普段から論理的に考えることを意識してみると良いでしょう。

まとめ

ゲームプログラマーについて説明してきましたがいかがでしょうか。
これらすべてを身につけるのには時間がかかりますが、ゲームを自分の書いたプログラムで動かしてみたい、ゲームのクオリティに関わる仕事をしてみたいと思った方はゲームプログラマーを目指してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする