ゲームプロデューサーになるにはどうすればいいの?

ゲームプロデューサーの男性
ゲーム制作における全ての業務に関わるゲームプロデューサーですが、ゲームプロデューサーになるには一体どのようなキャリアプランが良いのでしょうか。また、必要な知識や能力は何か、仕事内容はどのようなものなのか。ゲームクリエイターの延長線上の職業というのは正しい捉え方なのでしょうか。詳しくご紹介していこうと思います。

ゲームプロデューサーの仕事

ゲームプロデューサーの仕事内容は企画、スケジュール・予算管理、プロモーションと多岐にわたります。それぞれの仕事内容を見てみましょう。

ゲームの企画

ゲームプロデューサーはゲーム制作の企画に深く関わる職種で、制作スタッフを集めたり、全体のスケジュール管理や予算に至るまで企画を通すために多くの業務をこなします。そのため、全体を管理するマネジメント能力と企画を考える発想力、企画を通すプレゼン力が企画の段階で必要になってきます。

ゲームの開発

ゲームプロデューサーがゲームの開発自体に関わることは少ないのですが、ゲーム制作の進行を取り仕切り、スケジューリングを行うため、ゲームの開発に精通している必要があります。

ゲームのプロモーション

ゲームを制作して売り上げに繋げるまでがゲームプロデューサーの仕事です。販売戦略を考えて、作り上げたゲームをいかに買いたいと思わせるかがゲームプロデューサーの腕の見せどころになります。

ゲームプロデューサーになるには

ゲームプロデューサーの仕事内容を見てきました。では、肝心のゲームプロデューサーになるには一体何が必要となるのでしょうか。

①ゲーム業界の会社に就職する

そもそもゲームプロデューサーはすべての作業工程を理解する必要があるので、業界未経験の人を採用することはほぼありません。そのため、まずはゲームの制作会社に就職して経験を積むことが前提となります。

②ゲームプランナーとして働く

一連の制作に関わる職種としてゲームプランナーがあります。ゲームプランナーは専門的な技術などを必要とするわけではないので、比較的に業界未経験でも挑戦しやすい職種です。まずはゲームプランナーとしてのスタートを考えてみるのはいかがでしょうか。

③ゲームディレクターとして働く

ゲームプランナーとして経験を積んだら次にゲームディレクターを目指しましょう。制作における総指揮をするゲームディレクターはより制作に深く関わることができるので、ゲームプロデューサーになるのに王手をかけることができます。

ゲームプロデューサーに必要なスキルとは

ゲームプロデューサーにはゲーム制作の流れの把握とリーダーシップ、業界の理解が欠かせません。では、何故それらが必要なのかをご紹介します。

ゲーム制作全体の流れの理解

先述の通り、ゲームプロデューサーはゲーム制作全体のスケジュール管理をします。そのため、どの工程にどれだけの時間と労力を割く必要があるか見極める能力が必要になるので、ゲーム制作全体の流れの理解は欠かせません。

スタッフを取り仕切るだけのリーダーシップ

ゲームプロデューサーはゲーム制作のスタッフはもちろん、制作以外の段階でも数々のスタッフと関わります。リーダーシップがないと予定通りに制作作業を進めることが困難になるので、スタッフを取り仕切るだけのリーダーシップが必要になります。

ゲームの業界の理解

ゲームプロデューサーは売れるゲームを考えて、売れる販売戦略を練っていく役割があります。より多くの人に買ってもらうためにも、最新の流行や消費者の望むゲームがどのようなものかに常にアンテナを張っておかなければなりません。

まとめ

ゲームプロデューサーについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
ゲームディレクターと混同されがちですが、制作以外にも仕事があるのがゲームプロデューサーです。ゲーム業界に興味があって、マネジメント能力やリーダーシップを活かして仕事をしたい方はぜひ、この記事を参考にしてゲームプロデューサーを目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする