ゲームプランナーのやりがい・仕事内容とは?

ゲームディレクターのやりがい
ゲームプランナーに興味はあるけど、どんな仕事でどんなやりがいがあるのかイマイチ分からない…という方も多いのではないでしょうか。

将来の夢を決めるために、なりたい職業のことはきちんと知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、ゲームプランナーのやりがいを中心に、仕事内容やめざす方法についてまでご紹介します。

ゲームプランナーとは

そもそもゲームプランナーとはどんな仕事をするのかについて、簡単にまとめてみました。

ゲームプランナーは主に、ゲームの企画立案をします。
ゲームの企画立案とは、自分の構想したゲームのコンセプトを企画書に起こすことです。
時に、簡単なイラストやシナリオを企画書に盛り込む場合もあります。

また、ゲームの開発時にスケジュールを管理したり、発売時に集計や分析を行ったりと、ゲームプランナーはゲーム制作のあらゆる場面に関わります。

ゲームプランナーのやりがい

「やっぱりゲームプランナーって面白そう!」と思っていただけたでしょうか。
それでは、ゲームプランナーのやりがいにはどんなものがあるかについて確認していきましょう。

ゲームをゼロから考えられる

ゲームが好きならやはり、「自分でオリジナルのゲームをつくってみたい」と思ったことがありますよね。

ゲームプランナーはゲームの企画立案をするため、自分の頭の中にあるゲームのアイデアを提案することができます。
企画が通ればそのアイデアが形になって、世の中の人々にプレイされます。

自分の考えたゲームが実現すると、大きなやりがいを感じるのです。

手がけたゲームがヒットした時

自分のアイデアを元に作られたゲームがヒットした時は、もっと大きなやりがいになります。

多くのユーザーが夢中になって、自分の手がけたゲームをプレイしてくれていると思うと、やはり嬉しいですよね。

またゲームプランナーはすでにご説明したとおり、ゲーム制作のさまざまな場面に関わるため、ゲームができるまでの過程を見てきています。

思い入れのあるゲームがヒットすると「つくったかいがあった」という気持ちになります。

キャリアアップに有利なスキルが身につく

ゲームプランナーは制作現場でさまざまな経験ができるので、身につくスキルも多様です。

特に開発のスケジュール管理は、ゲームディレクターの仕事に通じるものがありますし、企画から完成までの工程に関わることで、ゲームプロデューサーに必要な知識も身につけることができます。

そのため、ゲームプランナーは比較的キャリアアップしやすい職種でもあるのです。

ゲームプランナーになるためには

ゲームプランナーはやりがいも大きく、新卒でもなれる可能性のある職種です。

ただゲーム制作の専門的な知識があった方が、企画書の精度も上がりますし、活躍の幅もより広がります。

ゲームプランナーとしてやりがいを感じながら働くためにも、専門学校でゲーム制作について学んでみませんか?

専門学校デジタルアーツ東京では、企画書の書き方はもちろん、開発現場に必要なCG・プログラミングの知識など、ゲーム制作に関するスキルや知識を総合的にマスターできます。

ゲームプランナーに必要なスキルは、専門学校デジタルアーツ東京で身につけてみてはいかがでしょうか。

分からないことがあれば、資料請求や説明会・学校見学も検討してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする