ゲームディレクターになるために知っておくべきこと

ゲームディレクター
ゲーム制作の要とも言えるゲームディレクターを目指す上で、その仕事内容や必要なスキルなどの知っておくべきこととは何なのでしょうか。ゲーム制作の先頭に立ってチームを導くゲームディレクターになりたい方に向けて、詳しく説明していこうと思います。

ゲームディレクターの仕事

ゲームディレクターといってもゲーム制作の中では一体どのような立ち位置なのでしょうか。まずは
、その気になる仕事内容を見ていきましょう。

ゲーム制作の監督

ゲームディレクターとは名前の通りゲーム制作における監督です。ゲーム制作のほぼ全ての工程に関与し、指揮をする総責任者で、ゲームそのものの面白さを作り出すのが仕事です。その仕事内容は多岐にわたり、企画書の作成からスタッフのスケジュール管理、各作業へのアドバイスや指示などを行います。

仕様書などの作成

まずゲームディレクターは、そのゲームの面白さや方向性を決める仕様書などの作成を行います。ここで大体のゲームの全体像を作り上げてしまいます。

ゲームの企画打ち合わせ

仕様書などの作成が終わったら次はゲーム制作の企画打ち合わせです。ここではゲームプロデューサーやゲームプランナー達と出来上がった企画をブラッシュアップしていきます。

ゲームプランナーになるための流れ

ゲームディレクターに近い役職としてゲームプランナーがあります。ゲームディレクターほど多くの業務にアドバイスができる訳ではないですが、ゲームディレクターと共に制作進行に関わることができるので、ゲームディレクターの前段階として目指してみましょう。まず専門学校等でゲーム制作を学び、会社でゲームプランナーとして現場経験を積むことでゲームディレクターになることができます。

①専門学校・大学等でゲーム制作を学ぶ

まず専門学校・大学等でゲーム制作を学ぶというのが一般的な方法となります。専門学校の場合はゲームプランナー学科があることもあるのでカリキュラムや学科などによく注目してみてください。

②ゲーム制作会社でプランナーとしての経験を積む

次は実際にゲーム制作会社に勤務し、ゲームプランナーとしての経験を積みましょう。ゲームプランナーはゲームディレクターと同じく司令塔としての役割があるので、ここでの経験がゲームディレクターになる大きな一歩になります。

ゲームディレクターに求められるもの

ゲームディレクターには仕事内容上、ゲーム制作全体の知識とリーダーシップが必要不可欠です。では、これらの能力はどのような場面で必要なのでしょうか。

ゲーム制作全体の知識

ゲームディレクターにゲーム制作全体の知識が無いと企画やスケジューリングを正確に行うことができません。それに加えて各作業へのアドバイスをしなくてはならないため、より詳しい知識を持っている方がゲームディレクターとして優秀と言えます。

リーダーシップ

知識があるだけではチームの統率はできません。チーム内で指揮をとり、ゲーム制作を円滑に行うためにはゲームディレクターのリーダーシップが欠かせないので、普段から率先して仲間とのコミュニケーションを行い、情報や指示の共有を行うようにしましょう。

まとめ

ゲームディレクターについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
チームを引っ張ってゲームの制作を進めるので、広い知識と経験が必要な役職ですが、自分で考えたゲームの制作ができるので、自分の構想を作品にしてみたい方はぜひ目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする