ゲームシナリオライターを未経験から目指す方法とは

未経験ゲームシナリオライター
ゲームシナリオライターになってみたいと思っても、「どうやってなるのか」「未経験でもなれるのか」など疑問が多く、何から始めたら良いのか迷いますよね。

今回は、未経験からゲームシナリオライターをめざす方法を中心に、仕事内容についてもご紹介します。

ゲームシナリオライターの仕事とは

一口にゲームのシナリオと言っても、ゲームシナリオライターが執筆すべきことはたくさんあります。

たとえば大まかなストーリーの流れ・キャラクターの会話・会話の選択肢・さまざまなパターンのストーリーなど、ここに挙げただけでもたくさんありますね。

ゲームプランナーの仕事を兼務することもある

ゲームシナリオライターには、専任と兼務があります。

専任は、フリーランスのゲームシナリオライターに業務委託されることが多いです。最近はクラウドソーシングで仕事の発注をしている企業も多いため、未経験でもゲームシナリオライターに挑戦しやすい環境が広がっています。

一方で、ゲームプランナーと兼務する場合もあります。というのも、ゲームプランナーはゲームの企画立案をするのが主な業務ですが、企画立案の中にシナリオづくりも含まれているケースもあるのです。

ゲームシナリオライターとして働きたいなら

ゲームシナリオライターの仕事が分かったところで、続いては未経験からゲームシナリオライターになるための方法をご紹介していきます。

ゲームの制作について学んでおく

ゲームシナリオライターの第一歩として、まずはゲーム会社に就職しましょう。ゲーム会社に就職するためには、ゲームの制作の知識全般が必要です。

また、まずはゲームプランナーとして就職し、企画立案業務の一環としてゲームのシナリオを書くのも手です。

ゲームプランナーになるにもやはりゲーム制作の知識、特に企画書の制作や、開発の進行管理などの知識が必要です。

SNS等で作品を発信しておく

最近はスマートフォン用ゲームの普及によって、より多くのゲームシナリオが必要とされています。社内のゲームシナリオライターだけでは足りない場合、社外のゲームシナリオライターに依頼することもあります。

そのため、ゲーム会社に所属するゲームシナリオライターでなくても、業務委託でゲームシナリオを書くチャンスがあるのです。

ツテが何もない未経験の状態でいきなり仕事の依頼が来るのは稀ですが、SNS上でのゲームシナリオライターどうしのつながりから、仕事を獲得することも可能です。

そのためには普段からSNSで、どんなゲームシナリオを書くのか、どんな世界観が得意なのかといった情報発信をしましょう。

「ファンタジーといえば誰々さん」といったようにブランディングをしておけば、すでに仕事を持つゲームシナリオライターからの推薦で、企業から声がかかる可能性もあるのです。

クラウドソーシング等で実績を作る

こちらも、業務委託からキャリアをスタートさせる方法です。

未経験では、「すぐに実績を積みたい」と思いますよね。そんな時はクラウドソーシングがおすすめです。クラウドソーシングでは、特に実績がなくてもゲームシナリオライティングの案件を受けることができます。

ただし、テストライティングが必要な場合もありますので、ゲームシナリオライターとして基本的なスキルは必要となります。

未経験からゲームシナリオライターを目指すなら

現在は、未経験でもゲームシナリオライターとしての実績を積めるチャンスが増えてきているとご紹介してきました。

そうは言っても、やはり基礎的な技術がなければ実績を増やしていくのは難しいです。

専門学校デジタルアーツ東京のノベルス・シナリオ学科では、ゲームシナリオの制作方法をはじめ、ゲームの企画書の作り方もマスターできます。

だから業務委託からのスタートも、ゲームプランナーからのスタートも可能。可能性の幅を広げ、ゲームシナリオライターの夢に近づけます。

未経験からゲームシナリオライターをめざすために、まずは資料請求や体験入学から始めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする