ゲームプランナーになるには

ゲームプランナー

そもそもゲームプランナーってどんな仕事?

ゲームプランナーとは、新しいゲームを作る時に必要な企画書や仕様書を作成する仕事です。
ゲームに登場するキャラクターや画面レイアウト、シナリオ、アイテムなど、さまざまな設定を企画し、仕様書にまとめます。
現場ではこの仕様書を元に開発を進めていくため、誰が見ても分かるよう詳細まで作り込まなくてはなりません。

ゲームプランナーになるための方法

ゲームプランナーになるために特別な資格は必要ありません。
しかし、未経験から目指す場合は専門学校に入学し、ゲームプランナーの仕事をやっていくために必要なノウハウを身につけておくことが望ましいです。
専門学校で着実にノウハウを磨いていくことにより、卒業後は即戦力のゲームプランナーとしてデビューすることが期待できます。

ゲームプランナーに求められるスキル

リーサーシップ、コミュニケーション能力

ゲームプランナーは企画書をプレゼンし、仕様書に沿ってスタッフ達に指示する仕事です。
そのため開発現場全体をまとめ上げるリーダーシップはもちろん、スタッフ一人一人と円滑に意思疎通できるようなコミュニケーション能力が必要となります。

論理的思考力

ゲームプランナーはユーザーが求めているものを形にしていきます。
そのため誰もが面白いと思うようなゲームを作るには、物を論理的に考えていく能力が必要不可欠です。
論理的出ない場合、理路整然としていないものをユーザーはプレイすることになります。

発想力

ゲームプランナーは0から新しいゲームを生み出す仕事です。
多くの人が面白いと思うようなゲームを制作するには、柔軟な発想力が必要になります。
また、思わぬトラブルが起きた際にも発想力を活かして解決策を見つける必要があります。

まとめ

これまでゲームプランナーになるための方法をお伝えしてきました。
ゲームプランナーになるには専門学校に入学して知識やスキルを身につけていくのが一般的です。
就職するために特別な資格は必要ありませんが、ゲームプランナーに必要な企画力やプレゼンテーション能力を磨くためにも、専門学校に通うことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする