グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーはゲームに登場するキャラクターを始め、背景や建物、アイテム、メニュー画面など、ゲームにおけるあらゆるビジュアル・画面を制作するのが主な仕事内容です。
グラフィックデザイナーとして活躍していくためには、単純な画力や描写センスはもちろん、デッサンやトレースなどの専門的なスキルも身につけておく必要があります。

グラフィックデザイナーになるには

ゲーム制作会社に入社して経験やスキルを積む

グラフィックデザイナーになるための方法の1つとして、ゲーム制作の現場で働きながら実践的なスキルを身につけていくという方法があります。
最初はアルバイトからのスタートになるかもしれませんが、日々の業務を積んでいくことで、知識やスキルは着実に磨かれていきます。
業務をある程度こなせるようになれば昇給やキャリアアップを目指していくことも可能です。

専門学校に通う

「グラフィックデザイナーになりたいけどスキルに自信のない……」という方は、専門学校への入学をオススメします。
専門学校では業界最前線に立つプロの講師がゲームのデザインに関するノウハウを直接指導しています。
未経験でもグラフィックデザイナーに必要な知識やスキルを着実に身につけていくことができるので、腕にあまり自信が無いという方は専門学校への入学を検討してみると良いでしょう。

グラフィックデザイナーに求められるスキル

デッサン力

グラフィックデザイナーはその名の通りゲームのデザインを作るお仕事です。
そのため、自分の思い描くデザインをきちんと形にできるようなデッサン力が第一に求められます。
また、ゲームによって求められる画風は変わってくるので、さまざまな絵柄で描画できるスキルも求められます。

Photoshopの操作技術

グラフィックデザイナーは仕事柄、PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使う機会が多いです。
特にPhotoshopを使用する頻度は高いので、グラフィックデザイナーを目指すのであればPhotoshopのスキルを身につけておいた方が良いでしょう。
Photoshopのスキルを身につけることで、グラフィックデザイナーとしての活動範囲はより広がっていきます。

好奇心や探究心

多くのユーザーを惹きつけるような世界観を構築するには、デザインに関する幅広い知識が必要になります。
また、色々な業務に対応できるよう、さまざまなジャンルの知識も持ち合わせておく必要があります。
そういった点から、貪欲に知識を吸収し続ける好奇心や探究心を持っている人ほどグラフィックデザイナーの仕事に向いていると言えます。

まとめ

今回はグラフィックデザイナーの仕事内容について紹介させていただきました。
グラフィックデザイナーになるための一般的な方法としては、専門学校への入学が挙げられます。
専門学校に通うことでデザインに関するノウハウを着実に身につけていくことができます。
未経験の人やスキルに自信のない人は専門学校への入学を検討してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする