ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーに特別な資格は必要ない

ゲームプログラマーになるために必要な資格は特にありません。
未経験からいきなりメーカーなどに就職するのは難しいですが、近頃では慢性的な人手不足によって「未経験でもOK」を出している企業も存在します。
そのため、未経験でもしっかりとプログラミングの勉強をしていけば、ゲームプログラマーになることは十分可能でしょう。

ゲームプログラマーになるための方法は3通りある

ゲームプログラマーになるためのルートとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 独学
  • 情報系の大学
  • 専門学校

それぞれについて詳しく紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

独学

ゲームプログラマーになるための方法の1つとして、独学でプログラミング言語を学んでいくという方法があります。
学ぶべきプログラミング言語としては、自身が将来的に扱いたいと思っているゲームの種類によって変わってきます。
例えば家庭用のゲームを開発したい場合は、C言語やC++などといった言語を主に使うため、それらの言語を中心に勉強を行なっていくと良いでしょう。
同じように、スマートフォンのゲームアプリを開発したい場合はJavaやObjective-C、ソーシャルゲームの開発であればJavaやHTML5、Flashなどを中心に勉強していくと良いでしょう。

情報系の大学

ゲームプログラマーになるための2つ目の方法として、情報系の大学に通うことが挙げられます。
プログラミング言語を学ぶにあたって多くの人が迷うのが、大学と専門学校のどちらで学ぶべきかという点です。
これに関してはその人の現状や進みたい方向性によって変わってくるので何とも言えませんが、学歴の面にこだわるのであれば大学に通った方が将来的にプラスになることが多いです。
ただし、大学の場合だとプログラミング言語以外の授業もあるため、専門学校ほど重点的に専門知識を学ぶことができないのがネックと言えます。

専門学校

ゲームプログラマーになるための方法の3つ目は、専門学校に通うことです。
専門学校は各業界で即戦力となるような人材を育てており、在学中は専門知識の習得に専念することができるのが大きなメリットです。
ゲームプログラマーを目指すのであればゲーム系の専門学校に通うことで、就職後すぐに即戦力としてゲーム開発に携わることのできるスキルが身につくでしょう。

まとめ

今回はゲームプログラマーになるための方法を紹介させていただきました。
ゲームプログラマーになるためのルートは3パターンあるので、自分に合った方法で目指していきましょう。
もし、将来的に携わりたい分野がハッキリとしているのであれば、その分野で使われているプログラミング言語や、その分野で注目されているプログラミング言語を率先して学んでいくことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする