グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるには

美術大学に通う

グラフィックデザイナーになるための方法の1つとして、美術系の大学に通うという方法があります。
美術大学ではデザインの基礎を学ぶことができるので、しっかりとノウハウを身につければ就職の際に有利になりやすいです。
しかしその反面、専門学校と違ってグラフィックデザイナーに関することだけを重点的に学ぶことができないのが美術大学のネックな部分と言えます。

デザイン系の専門学校に通う

グラフィックデザイナーになるための方法の2つ目は、デザイン系の専門学校に通うことです。
専門学校では各業界で即戦力となるような人材を育てており、在学中は専門知識の習得に専念することができるのが大きなメリットです。
グラフィックデザイナーを目指すのであればデザイン関係の専門学校に通うことで、就職後すぐに即戦力としてデザインの業務に携わることのできる資質が身につくでしょう。

グラフィックデザイナーに求められるスキル

描写力

グラフィックデザイナーはゲームに登場するキャラクターをはじめ、背景や画面レイアウト、メニュー画面のデザインをする仕事です。
そのため、ある程度の描写力が備わっていないとお仕事を続けていくのは難しいです。

豊かな感性や創造力

多くの人を魅了するようなデザインを描くためには、豊かな感性や創造力が必要となります。
また、様々なリクエストに応えていかなければならないので、どんな要望に対しても臨機応変に対応できるような柔軟性も必要になります。

コミュニケーション能力

グラフィックデザイナーは大勢の関係者やスタッフと連携を取りながら作業を進めていきます。
そのため業務をスムーズに進めていくためには色々な人と円滑に意思疎通できるようなコミュニケーション能力が必要となります。

まとめ

今回はグラフィックデザイナーになるための方法を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
グラフィックデザイナーになるためには、美術大学かデザイン系の専門学校に通う必要があります。
特に専門学校では専門知識の習得に専念できるので、未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合は専門学校への入学を検討すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする