ゲームプロデューサーの仕事とは

ゲームプロデューサーの仕事
ゲーム制作の総責任者であるゲームプロデューサーですが、その仕事内容は非常に幅広いものとなっています。

そこでこの記事では、ゲームプロデューサーの仕事内容はもちろん、その他のゲームプロデューサーを目指す上で必要な情報をご紹介します。

ゲームプロデューサーに関する知識を身につけて、夢を叶える最短コースを見極めましょう。

ゲームプロデューサーの仕事内容

ゲームプロデューサーの仕事はゲームの企画から、制作スケジュールの管理、販売戦略の考案などが挙げられます。

では、これらの作業は一体どのようにして行われているのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

ゲーム制作の企画を通す

ゲームプロデューサーとはいわばゲーム制作におけるプロジェクトリーダー。
ゲームディレクターが現場の総指揮を行うのに対して、ゲームプロデューサーは現場以外の部分に関わることが多いです。

その最初の業務が企画です。
基本的に企画を行うのはゲームプランナーの仕事ですが、その企画の実現可能性や売上に本当に繋がるような企画なのかを判断するのはゲームプロデューサーの役割です。

その企画内容が良いものであると判断すれば、企画を通すためにプレゼンを用意してゲームの制作にこぎつけるように計らいます。

ゲームプランナー以上に考えることは多く、綿密な計画を立てることになります。

スケジュールや予算の管理を行う

企画が通ったら企画通りに進むようにスケジュールや予算の管理などを行います。
そのため、企画段階で制作メンバーの構成やその制作体制、時間や予算についてのリソースの管理について予測することが必要となってきます。

販売戦略を練る

また、ゲームプロデューサーは制作自体に深くは関わりませんが、ゲームが完成してからそのゲームをいかにして売り出すかの販売戦略を練ることになります。

収益を上げる必要がある以上は販売にも力を入れなければいけません。
そこでゲームの魅力を全面に押し出し、できるだけ多くの人に手に取ってもらえるように広告などを使って収益につなげていくことになります。

ゲームプロデューサーに必要な能力

では、ゲームプロデューサーの仕事をこなすためには一体どのようなスキルが必要になるのでしょうか。
こちらも詳しく見ていきましょう。

プロジェクト進行をするマネジメント力

ゲームプロデューサーは企画の通りにゲーム制作の進行を行うために様々な指示を出すことになります。

多くのスタッフを抱える大きなプロジェクトになればなるほどマネジメントの難易度は上がってきます。

そのため、大きなタイトルの作品などの担当を行いたいと思うのなら相応のマネジメント能力がないと厳しいと言えるでしょう。

ゲームの制作・開発に関する理解

プロジェクトを円滑に進行させるためにはゲームの制作・開発に関する理解が必要不可欠です。

作業内容をしっかりと理解しているからこそ的確な指示が通せるのです。

また、的確な指示が出せれば制作スピードにも貢献できるので、各作業内容について専門的な知識を持っていることは強い武器になります。

販売戦略を練れるマーケティング能力

せっかく企画通りにゲームの制作が進み、素晴らしい作品ができたとしても、販売戦略が上手く練れていないと見向きもしてもらえません。

そのゲームのどこをアピールすれば興味を持ってもらえるのか等の面白さを知ってもらうことと、ニーズに応えようとする姿勢を崩さないようにすることが大切です。

ゲームプロデューサーになるには

では、実際にゲームプロデューサーになるにはどうすれば良いのでしょうか。

ゲームプランナーになる

ゲームプロデューサーになるためには、まずゲームプランナーになりましょう。

ゲームプランナーの仕事内容はゲームプロデューサーと似通ったものが多く、ゲームプロデューサーになるのに必要な知識や経験を身につけることができます。

ゲームディレクターを目指す

ゲームプランナーになれたら次はゲームディレクターを目指しましょう。

ゲームディレクターはゲームプランナーと比べて、より高度なスキルが求められますが、ゲームプロデューサーになるには必要な過程です。

ゲームディレクターとして十分な経験を積む

ゲームディレクターになることができたらいよいよゲームプロデューサーを目指して行くことになります。

ここでもゲームプロデューサーになるための知識やスキルを蓄えていかなくてはならないほどゲームプロデューサーの責任は重大です。

もちろんゲームディレクターもゲーム制作における総指揮を担う重要な役割があるので、ここで活躍することができればゲームプロデューサーになるのに王手をかけることができます。

まとめ

ゲームプロデューサーの仕事等についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ゲーム制作の総責任者というだけあって高い能力が求められることがよく伺えます。

そのため、本気でゲームプロデューサーを目指すのであれば専門学校やスクールに行くことを視野に入れておきましょう。

専門学校で基礎的な知識やスキルを身につけることができるだけでなく、就職活動でも有利になれたり、就職後も即戦力として活躍しやすくなるので昇進のチャンスが早く回ってきやすいのでおすすめです。

自分でゲームを作って世に出したい方はぜひ、ゲームプロデューサーを目指して頑張ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする