ゲームプランナーの仕事内容とは?

ゲームプランナーの仕事

ゲーム制作の企画進行を行うゲームプランナー。
ゲーム制作の根幹に関わる重要な役職ですが、その仕事内容とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
この記事ではゲームプランナーの仕事内容に加え、求められる能力やそのなり方をご紹介します。

ゲームプランナーの仕事内容

先述の通り、ゲームプランナーの仕事はゲーム制作の企画進行がメインの仕事となります。
しかし、企画進行といってもこなす仕事はゲームの開発段階によって様々です。

各段階での仕事内容を見ていきましょう。

ゲーム制作の企画をする

まずはゲーム制作の企画からスタートします。
ゲームディレクターやゲームプロデューサー達とゲームの方針を決めてそれを企画書に起こして提出をします。
企画を通すためにゲームプランナーは周りに企画内容を正しくかつ魅力的に伝える必要があります。

仕様書を作成する

企画が通ったら次は仕様書の作成に入ります。
ゲームの方向性を具体的に決め、どのように制作を進めていくかをまとめていきます。
この際に誰が読んでも誤解のないような文章と構成を作る必要があります。

制作の進行を管理する

制作がスタートしたら今度はそのスケジュール管理を行います。
スタッフのスケジュール管理はもちろんのこと、ゲーム制作の進行が滞りなく進んでいるかの管理も行います。
クオリティを落とさず、納期に間に合わせるための進行が必要になります。

ゲームの分析を行う

制作を終え、ゲームが販売されたらその分析を行います。
制作したゲームの売れ行きや反響はどうかを分析し、その際にゲームの改善点などがあれば次回のアップデートで改善し、ゲームのクオリティを高めていくことになります。

ゲームプランナーに求められる能力

では、これらの仕事をこなすためにゲームプランナーに求められる能力とはどのようなものなのか見ていきましょう。

企画力

ゲームプランナーというからには欠かせないのが企画力です。
レベルデザインやバランス調整など考えなくてはいけないことは沢山ありますが、面白いゲームができるかどうかは企画段階にほとんど決まってしまいます。

そのため、企画自体がよくないものだと綺麗なイラストや、素晴らしいゲームミュージックがあったとしても残念な作品になってしまいかねません。

人に伝える能力

企画を通したり、ゲーム制作を指示したりすることから、人に伝える能力も非常に重要と言えます。
この能力がないと、企画内容を正しく理解してもらえなかったり、制作の指示がうまく通らず進行に影響を及ぼしかねません。

分析から改善を行える能力

先述したようにゲームプランナーの仕事は制作したらそれで終わりではありません。
ゲームの分析を行い改善していく際にゲームをプレイしている人たちが何を求めているのかを理解できなければ、改悪となりかねないので正しくニーズを理解する能力が必要です。

ゲームプランナーになるには

以上のことを踏まえて、ゲームプランナーになるには一体どのようにすれば良いのでしょうか。

未経験からゲーム制作会社に就職する

ゲームプランナーは仕事の流れを理解できる程度の専門知識しか求められないので、未経験の求人募集も存在します。
しかし、先ほどの求められる能力はよく見られることを心に留めておきましょう。
もしくはゲームプランナーのアシスタントとして仕事をこなしていき、ゲームプランナーになるという方法もあるので、不安ならアシスタントとして経験を積むのも良いでしょう。

専門学校に通う

最も現実的な手段としてあげられるのが専門学校に通うことです。
専門学校に通うことで基礎的な知識とスキルを身につけられる上に就職のサポートも充実しているため安定してゲームプランナーを目指すことができます。
本気でゲームプランナーを目指すなら専門学校に通うという手段も考えておきましょう。

まとめ

ゲームプランナーの仕事についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
ゲームプランナーはゲームの制作において重要な役割を果たします。
そこでの実力が認められればゲームディレクターやゲームプロデューサーの道も拓け、より密にゲームの制作に携わることができるので、ぜひゲームプランナーを目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする