ゲームディレクターの仕事とは

ゲームディレクターの仕事
ゲーム制作の総指揮を取るゲームディレクター。
その仕事内容は私たちが思っているよりも多岐に渡ります。
そこで今回はゲーム制作を引っ張るゲームディレクターの仕事内容についてご紹介していこうと思います。

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターの仕事内容は一言で言ってしまえば、制作に関わること全てです。
しかし、具体的には一体何をしているのでしょうか。
気になるゲームディレクターの仕事に迫ります。

ゲームの企画を考える

まずはゲームの企画をゲームプランナーやゲームプロデューサーと行います。
ゲームの企画はゲーム制作の根本に関わるので、慎重に進めていきます。
面白いゲームを作るためには企画段階から全力で取り組まなければならないのです。

スケジュール管理

企画が通ったら次はスタッフを集めてスケジュール管理を行います。
ゲームの制作には納期があるので遅れないようにしつつ決められた期間で最高の作品を作れるように日程を組んでいきます。

ゲーム制作の総指揮をとる

最初に述べた通り、ゲームディレクターはゲーム制作の総指揮をとります。
プログラマーやデザイナーなどの指揮もとるためそれぞれの開発段階に関するある程度以上の知識を必要とします。
全固定の流れを理解し、必要な指示を正しく出すことでゲーム制作を滞りなく進めるのに必要な要素になります。

ゲームディレクターに必要な能力

多くの仕事をこなすゲームディレクターにはどのような能力が必要となるのでしょうか。

企画力

まず必要なのが企画力です。
ゲームの方向性から仕様まで決めることになるので、質の高い企画ができないと売れる面白いゲームが作れません。それどころか、そもそも企画が通らないということさえ起こりかねないので企画力は必須と言えるでしょう。

リーダーシップ

ゲーム制作の総指揮をとるなら欠かせないのがリーダーシップです。
リーダーシップのないゲームディレクターでは指示が上手くできずに納品に間に合わせることができなくなったり、ゲームの質を下げてしまいかねません。

ディレクション経験がある

リーダーシップを発揮できるかを見る際にディレクション経験を見ることが多いです。
ディレクション経験があれば、一定の能力があるとみなしてもらうことができます。

ゲームディレクターになるには

では、ご紹介した能力を身につけて、優秀なゲームディレクターになるには一体どうすれば良いのでしょうか。

ゲームプランナーとして経験を積む

ゲームディレクターになるのにまずはゲームプランナーとしての経験が必要になります。
ゲームプランナーの仕事はゲームディレクターに近い仕事が多く、ゲームプランナーとして十分に仕事ができるようになるとゲームディレクターを任されるようになります。

専門学校やスクールに行く

ゲームディレクターを目指すためにゲームプランナーになるにしてもゲーム制作会社に勤めなくてはなりません。そこで、有利になるために専門学校やスクールに行くことをお勧めします。専門学校に通えば、必要な知識とスキルを身につけることができるだけでなく、就職のサポートまで行ってくれているので、手堅くゲームディレクターを目指すことができます。

まとめ

ゲームディレクターの仕事についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
仕事内容のレベルが高い分、高いスキルと知識を求められますが、ゲーム制作の第一人者としてゲームを手がけることができるのは非常に魅力的な点と言えます。
自分の思い通りのゲームを作ってみたい方はぜひ、ゲームディレクターを目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする