ゲーム制作会社ではどんな仕事をするの

ゲームを作りたい人の脳内

ゲーム制作会社で働いてみたいと思っても、実際どんな仕事をしているのか、わからない人も多いと思います。
今回は、ゲーム制作会社でどんな仕事に携われるのか、について紹介していきます。

ゲーム制作会社の仕事とは

ゲーム制作会社は主に、ゲームメーカーから依頼されたゲームを制作しています。
ゲーム制作が主な事業内容ですが、ゲーム制作はさまざまな職種がチームとなって働いています。
ゲーム制作会社にはどんな職種の人がいるのかを紹介します。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、ゲームのアイディアを考える人のことです。
ゲーム業界で、最も人気の高い職種です。
しかし、ゲームのアイディアや企画を考えるだけではなく、考えたゲームをプレゼンして社内の営業や上司たちにその企画を認めてもらわなければなりません。
企画は一度のプレゼンで通ることは稀で、運良く企画が通ったとしてもその後は、開発を担当するスタッフ達に企画を説明する必要があります。
人気が高いゆえに、最も就職が難しい職種でもあります。
技術職であれば、専門分野の勉強をすればよいのですが、ゲームプランナーの場合はゲーム制作の総合的な知識が必要になるので、勉強する範囲も幅広く、そういった点で他の職種に比べて難しさがあります。
ゲームプランナーの就職を目指したい人は、たくさんの本を読み、たくさんの映画をみて、そして何よりもたくさんの人と接することが重要です。

ゲームプログラマー

企画書に合わせてプログラムを組んでいき、グラフィックやサウンドの素材を一つの作品にまとめる仕事です。
さまざまなプログラミング言語を理解し、高度なプログラムが組めるようになれば就職先は必ず見つかります。
勉強内容がはっきりしている分、目標を持って働ける職種です。

グラフィックデザイナー

その名の通り、ゲームの絵を描く人です。
最近では、2Dゲームから3Dゲームに主流が変わり、仕事量が増えた関係で、プロジェクトに割り当てられる人数も増えています。
携帯ゲームの仕事も増えているので、携わったゲームがヒットすると知名度が上がりやすく、非常にやりがいを感じることができる職種です。
3D関連ツールが使えると、就職に非常に有利になるでしょう。

未経験からでもゲーム制作会社で働く方法

ゲーム制作会社で働きたいと思っても、ゲーム制作の知識がなくてあきらめる人もいると思います。
しかし、業界で働いた経験がなくてもゲーム制作会社で働くことはできます。
業界未経験の人でも、ゲーム制作会社で働くためにチェックするべきポイントをお伝えします。

ゲームをとことんやりこむ

まずは、ゲームをたくさんやりこむことが大切です。
「働きたい」という強い気持ちを持っている会社や、制作してみたいゲームの種類が決まっている時は、就職したい会社や将来制作したいゲームをプレイヤーとして、可能な限り遊んでおくことが大切です。
ゲームをたくさんすることで、ゲームに対する熱意を表現することにもつながり、面接で会話を弾ませるポイントにもなります。
ゲーム業界の場合、ゲームをやり尽くすことは、ゲーム制作会社の特徴を理解することなので、企業を深く知ることにもつながります。
ゲームについて知識が潤沢にあるからこそ、「この会社で働きたい」「こんな企画のゲームを作りたい」という説得力をもって面接に挑むことができます。

ゲーム制作会社でバイトする

十分な知識やスキルがない状態でも、ゲーム業界で働くことはできます。
未経験の人を採用しているデバッガーの職種で働き、その経験を生かして、他の職種で働くチャンスを掴むこともできます。
まずは、アルバイトやインターンでゲーム制作会社をピックアップして、未経験からでもできるデバッカーやデザイナー・プログラマーのアシスタント業務ができる会社を探してみましょう。

ゲーム専門学校で学ぶ

ゲーム専門学校に通って基礎知識や技術を身につけておくと、ゲーム制作会社の就職がスムーズに進みます。
ゲーム専門学校で学んだスキルを元に、ゲームを制作して、できたゲームをリリースしてダウンロード数を実績として伝えることも、良い印象を与えることができるでしょう。

まとめ

今回は、ゲーム制作会社の仕事内容と経験がなくてもゲーム制作会社で働く方法についてご紹介しました。
ゲーム制作会社の仕事は、さまざまな職種に分かれているので、自分のやってみたい職種を調べて就職について考えてみましょう。
また、業界が未経験の場合でも、正しい方法を歩んでいけば必ず、ゲーム業界で生きていく場所が見つかるので、今回紹介した方法を試してみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする