ゲーム制作会社に就職するためには

ゲーム制作会社に就職する方法とは

ゲーム制作会社に就職するためには
子供の頃からゲームに興味のある方にとって、ゲーム製作者は憧れの職業の1つです。
今回はゲーム制作会社に就職するための方法を紹介していきますので、今後の参考にしてみてください。

専門学校に通う

ゲーム制作会社に就職するための最もオーソドックスな方法は、ゲーム制作について教えている専門学校に通うことです。
専門学校では業界に関わるプロの講師がゲーム制作に必要なノウハウをこと細かく丁寧に指導しています。
そのため日々授業に取り組んでいけば、プロとして持っておくべき知識や技術を着実に吸収していくことが可能です。
また、卒業後のバックアップも充実しているので、就職までの道のりを全力でサポートしてもらうことができます。
未経験からゲーム制作のお仕事を目指す方などは、専門学校への入学を検討してみると良いでしょう。

アルバイトとして入社する

もし職種や勤務形態にこだわりが無いのであれば、アルバイトとして働きながら実戦経験を積んでいくのも1つの手段です。
初任給や年間休日を気にする方もいるかもしれませんが、長い社会人生活の最初の数年は給料が厳しくても勉強するつもりで励みましょう。
また、入社してしまえば経験者なので、あとはスキルを磨いていけば、条件のいい会社に転職することは十分可能です。
お金を貰いながら勉強する場所と考え、日々の業務で少しずつ力をつけていくと良いでしょう。

基本的には専門学校卒以上を求めていることが多い

近頃のゲーム業界は専門学校卒以上の学歴を持っている人が有利になりやすい傾向にあります。
実際に求人などを見てみると、応募条件の欄に「専門学校卒業以上」と記載されているケースは多いです。
もちろん専門学校に通っていなくてもゲーム制作の仕事の携わることはできますが、職種や勤務形態にこだわりがあるのであれば、今後の活躍の場を広げるという意味で専門学校に通っておいた方がいいでしょう。
中でもゲームプランナーの場合は専門的なノウハウが必要なのはもちろん、チームを占める人数の割合も低いので、入社のハードルは高いと言えます。
自身の進みたい道に合わせて、今後どうするかを判断しましょう。

まとめ

今回はゲーム制作会社に就職する方法を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
このようにゲーム制作会社に就職するには大きく分けて2通りの方法があります。
ゲーム製作者を目指している方は、自身の夢や目標を明確にした上で、それに合った道を進んでいくといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする