アプリ開発に定評のあるゲーム制作会社を比較しました!

アプリ開発に定評のあるゲーム制作会社を比較

電車に乗って周りを見渡すと、みんなスマートフォンでゲームをしている場面を目にしたことはありませんか?
実は、近年の国内ゲーム市場は家庭用ゲーム機市場にくらべてスマホゲーム市場はその3倍にも増えています。
近年、急速に需要が高まったアプリゲーム制作会社に就職したいという人のために、アプリ開発に定評のあるゲーム制作会社について比較したので一緒に見ていきましょう。

ゲームアプリ開発が得意な制作会社3選

意外に思うかもしれませんが、ゲーム制作会社の中にはスマホアプリに特化した会社もあります。
それだけ、スマホアプリに占める売り上げの割合が増加していることが頷けます。
ここでは、スマホアプリで売り上げが伸びてきている注目の会社を比較します。
一緒に見ていきましょう。

Klab株式会社

会社概要

正式名称 KLab株式会社(クラブかぶしきかいしゃ)
所在地 東京都
社員数 535名(2018年12月現在)

特徴

紅白歌合戦にも出場したことで一躍有名になったアイドルアニメの「ラブライブ!」のゲームや週刊少年ジャンプで人気漫画の一つとして長期連載していた「BLEACH」などの版権もののゲームで有名な企業です。
日本国内にいくつも事業所を持ち、その上サンフランシスコや上海をはじめとした海外法人を各国に持つなど、グローバル展開を目指しています。
また元々は企業向けインフラツールやシステムの開発をしていたこともあるので、長年のノウハウの蓄積で非常に高い技術力有しています。
安定感が高い上東証一部に上場しているとても大きい企業なのに知る人しかしらないイメージがあるため、注目すべき会社と言えるでしょう。

代表作

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
BLEACH Brave Souls
TALES OF CRESTORIA

株式会社コロプラ

会社概要

正式名称 株式会社コロプラ
所在地 東京都
社員数 836名(2019年3月現在)

特徴

「魔法使い黒猫のウィズ」をはじめとした、多くのタイトルがApp storeやGoogle playのアプリストアランキングで上位に入っています。
また、2016年には、「白猫プロジェクト」の派生タイトル「白猫テニス」で売り上げ過去最高記録を達成し、コンテンツ力の高さが際立っている企業です。
スマホゲーム企業では常に売り上げ上位に並んでおり、非常に高い安定感があります。
それ以外にも、VR事業に力を入れているため、スマートフォンゲームだけではなくVRゲームの制作にも力を入れています。
最新のゲーム技術に触れたい方は注目の企業です。

代表作

白猫プロジェクト
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ
コロニーな生活

NHN PlayArt株式会社

会社概要

正式名称 NHN PlayArt 株式会社
所在地 東京都
社員数 201名(2019年1月現在)

特徴

LINEと協力して、ディズニーツムツムを開発した会社です。
ディズニーツムツムの人気はかなり高く、2年で世界累計6500万ダウンロードを突破しています。
簡単で爽快感のあるパズルゲームとディズニーという最強のブランドが合わさることで非常に高い人気が出ました。
他にも、妖怪ウォッチや物語シリーズなどの人気アニメとコラボしたパズルアプリにも定評があります。

代表作

LINE:ディズニーツムツム
妖怪ウォッチ ぷにぷに

未経験でアプリ開発のゲーム制作会社を選ぶ時の注意点

ゲームアプリ開発の仕事に携わりたいけど未経験でもその職に就けるのでしょうか?
第一志望のゲーム制作会社に入りたい気持ちもわかりますが、未経験で学歴もない場合、就職へのハードルは上がってします。
ただ経験がなくても会社選びを間違えなければ、好きな仕事で働くことは出来ます。
ここからは、未経験でもアプリ開発のできるゲーム制作会社に就職する方法をお伝えします。

実力がないうちはハードルの低い職種を選ぶ

未経験で仕事の実力がない場合は、ハードルの低い職種を選ぶことがオススメです。
例えば一般的にデザイナーのような華やかな仕事は人気があるため、競争率が高くなります。
競争率が高いのでスキルや経験のある求職者が多く、そもそも未経験で就職するのが難しいですし、仮に就職できてもライバルのレベルが高く追いつくのは容易ではありません。
未経験のうちは競争率が激しい職種は避けて、人気のない職種や地味な職種を選びましょう。
人がやりたがらない仕事は、行うだけで重宝され、経験が積みやすいのでスキルを磨ける機会が多いです。
また、一見関係なさそうな職種でも、知識や技術が重なっていたりするので無駄にはなりませんし、経験を積むことで後々仕事の糧になることもあります。
第一志望の職種が難しくても、諦めず難易度の低い職種を選んでみましょう。

大企業や会社の規模にこだわらない

未経験の場合は、就活で会社を選ぶ時には会社の規模にこだわらず探してみましょう。
ゲーム業界といえば、大手ゲームメーカーが一番に頭に浮かびますが、そのような会社は人気が高く入りたい人も多いため、未経験の場合は入社できる可能性がとても低くなってしまいます。
未経験の人にオススメの会社は中小企業やベンチャー企業です。
なぜなら、規模の大きい会社に比べて規模の小さい会社は書類審査で比較的弾かずに見てくれるので自己アピールがしやすく、入りたい人も少ないので入社できる可能性が高まります。
ゲーム業界未経験の人は、小規模の会社を選んだ方が就職しやすいでしょう。

学歴より作品を重視される

大手や中小企業のゲーム制作会社はどこでも言えますが、入社試験で重視されるポイントとして、学歴よりも作品の比重が高いです。
どんな作品だと評価を得やすいかというと、自分がゲーム業界で何をしたいかというのがわかる作品だと一番良いです。
例えば、イラストを描いたり3Dを作るデザイナーだったり、企画やアイディアを考えてゲームに作り上げるプランナーだったり、それらをゲームに実装していくプログラマーだったり、やりたいことを作品という形で見せられると、話が早く進み、熱意も伝わるでしょう。

まとめ

今回は、アプリ開発に定評のあるゲーム制作会社を比較しました。
アプリゲームは年々リリース数が増え、それに伴い仕事や制作会社が増加してきています。
そのため、アプリゲーム制作会社は人手を求めているので、経験が少なくても自分に合った会社を見つけて応募してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする